私は前に自家用車の買取を依頼したことがあり

車内でタバコを吸っていたことは、車を売る

私は前に自家用車の買取を依頼したことがあります。私ではなくとも、売り手の多くは買取価格を高くしたいと考えるでしょう。それには車の専門誌やインターネットの買取査定サービスなどを利用して、買取価格の相場を掴んでおくことが重要だと思います。

その結果、買取金額が高くなる可能性が上がると思われます。車の買取で決して高く評価されないのは、改造車でしょう。そこそこ大手の買取店でしたら、車にメーカーオプションやディーラーオプションが装備されていると高く評価されます。サンルーフや純正のカーナビ(マルチ)、革シートといった要素は査定で高く評価されますが、一方、車高調整していたり、アルミやエアロを非純正パーツに変えているとそれほど評価されません。買取対象がスポーツカーというケースでは、専門店に持ち込むのが最もよいでしょう。

具体的に車の下取り金額が下がるとすれば、毎年1万キロ以上の走行がある、その車体のカラーが流行っていない、車体の外観が綺麗な状態でない、車のパーツに破損が見られる、車内での喫煙等が挙げられます。とりわけ大きいのは車体の修理歴であり、マイナス査定の要因となります。

仮に、修理歴があるとすると査定額の低下は免れないでしょう。