新車に買い替えをする際に、これまで乗ってい

できるだけ多くの買取業者に見積もりを依頼してか

新車に買い替えをする際に、これまで乗っていた車を購入先のディーラーで下取りに出すことがよくあると思います。

しかし、ほとんどのパターンでは、下取りでは納得いくような査定をしてもらえることはないものです。

一方で、車買取りの専門店に売ると、車を下取りする場合よりも、高額査定になる場合が多いです。

名前を伏せて診断をしてもらうことができない理由の中で最大なのは、盗難に遭った車や、犯罪に利用された車だった際に、大変な問題になるからです。

という状況の車を評価をしてしまった場合、買取をする側までが痛い目を見てしまう見通しが出てきます。

この危険を免れるために、名前を伺わないまま時価の決定は行いません。

車体の下取り価格が下がる原因は、1年間の走行距離が平均1万キロ以上である、その車体のカラーが流行っていない、車体になんらかの傷や汚染が見られる、車の装備品が壊れている、喫煙をされていたというようなことがあります。とりわけ大きいのは車体の修理歴であり、マイナス査定の要因となります。

修理個所があれば査定額の低下は免れないでしょう。