車を業者に買い取ってもらうときは、年式と

個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あた

車を業者に買い取ってもらうときは、年式と走行距離で査定に大きな違いがでることを知っておくべきでしょう。

1年1万キロというのを聞いたことがないでしょうか。2年なら2万キロ、10年10万キロ。

それを超えると査定額は少なくなります。走行距離が少なければ査定にプラスになるのです。

ただ、10万キロ近く走っている車はよほど希少価値のある車でない限り、買値がつきにくいと思って良いでしょう。もっとも、これは単純な目安に過ぎません。

車の種類や状態によっても違いは出てきます。

車を売ろうとしたときに気をつけておきたいことが、契約を交わしたあとで、買取額を当初より下げられたり、車の代金の支払いが滞ってしまうというようなトラブルについてです。

問題が起こって自分が後悔しない為にも、買い取り業者を選ぶのには慎重になるべきでしょう。

また、買取査定のときにはウソをいってしまうとトラブルの原因になりかねません。個人で売却する場合にはトラブルが起きやすいですが、車査定だとトラブルを心配しなくてすみます。

個人で売却した場合には、車の納品に関わらず、代金が支払われなかったり、代金を支払ったのに車を渡されないというトラブルも考えられます。

売却後の購入者から苦情が寄せられたりすることも多くあります。