車の査定を受けることが決まったら、車に

買取会社に査定をお願いするときに入り用になる書類に

車の査定を受けることが決まったら、車についてしまった傷やへこみをどうしたものかと判断できないケースもありそうです。

一見してわからない自分で直せそうな小さい傷なら、処置してきれいにしておくのがベターですが、修理工場に出すまではしなくても大丈夫です。

なぜなら直したことで上がる査定額分よりも100%ほぼ間違いなく修理にかかる金額の方が大きくなるからで、自分ではどうにもできないような傷なら修理は考えずにそのままで査定を受け入れるのが良いでしょう。

車買取のシステムでは、いつ、入金されるのか、多くの方が気になるでしょう。

ローンが残っている場合にはその手続きが必要ですし、もう一度、車をよく見て、全てチェックできているかの確かめる必要があるため、大体、買取の契約をした後、翌日からおおよそ1週間以内には振込がなされることが多いでしょう。詐欺まがいの悪質な業者には注意しましょう。高めの査定金額で安心させて、契約をさせておいて、あれやこれやと文句を付けて当初の提示額よりも大幅に低い額で買い取ろうとしてきます。

そんな金額では買取には出せないと言うと、もう車は手元にないなどと言いだし、運送料や保管料などの名目をでっち上げて車の返還と引き換えにお金を取っていく手口もあります。

その他にも、車の受け渡しをしたのに買取のお金が支払われないというケースもあります。